忍者ブログ
けたろうさんのことがそれとなくわかるところ
[36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




ゲームの分野には評論家が絶対的に足りない。
そのせいでゲームに関わる人々は圧倒的な損をしていることを学ぶべきである。

評論家は、素人であってはもちろんいけないし、販売者、開発者であってもいけない。あくまでも、評論家、でないといけない。ファミ通の浜村弘一氏なんかが知名度や功績から一番近い人のようにも思うが、やっぱり圧倒的に頭数が足りない。
ものを知らない素人の発言が一定の影響力を得て浸透してしまう現況は、本当に忌むべきことだ。技術の手偏ほども内実を知らない人間がポリゴン数がどうたらと語り、情勢を知らない人間が予算がどうたらと語り、なんてことを無自覚な無知のまま口にし、しかも聞く側にも教養がないものだから鵜呑みとまではいかなくても、なるほどねぇなんてうなづいてしまう。
だから、自分も含めて作り手もなんだか素人くさかったりする。プロ意識に名実がない。そういった状況が、文明的文化的評価が一向に高まっていかないことにダイレクトな影響を与えている。認知の進まないものには金も下りてこないし、そうなるとやっぱり一段と前進しないのだ。悪循環というやつ。

海外の技術はやっぱりすごいとか、日本のお家芸を活かしていくしかないとか、実はそんなことを声高らかに話す前に、育つ土壌を作ってこなかったことを悔いたり建設的意見交換をしたりするべきなのだ。
僕は、今の状況でいくら足掻いたって、ただでさえ様々な理由から頭打ちの右肩下がりになりがちなこのメディアが盛り返すことはないと思っている。敢えてこの言い方をする。ユーザーがお子様だからだ。お子様相手に僕らがお子様の仕事をするからだ。

メディアに関わる人間全体が成長しないといけない。幸い、色恋沙汰で気が多いことは咎められがちだが、ゲームをたくさん遊ぶことは宿題やりなさいのお叱りと引き換えになるくらいなので、ぜひ多くのタイトルに触れ、評論の感覚を養ってもらいたい。
そして、ゲームを送出する側から搾取してやるくらいのつもりで、評論家という得てして悪役めいてしまいがちなポジションを志す人が少しずつでも現れてくれれば、事情の軌道修正に一役買うんじゃなかろうか。そういう環境が整って初めて、よろしい循環へ転じていくんじゃないかと、そう思うのだが。


○ティカルについて
ごっめん。これについてもルールに勘違いがあった。
火山タイルが出たらすぐに決算……と思っていたんだけど、あくまでもその時点の点数を確定させる、ということに過ぎないらしく、その後もすべてのタイルが埋まるまで続けるみたい。

○GD作業状況
最後の大仕掛けを決定し、今夜以降執筆開始。
リフレッシュ休暇を利用しつつ、今月中には一気に書き上げる。
PR



Comment 
Name 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[10/22 ヒロミ]
[09/01 もち]
[06/14 ばしこう]
[06/08 ばしこう]
[06/07 よしばやし]
最新トラックバック
(03/24)
アクセス解析
忍者ブログ [PR]