忍者ブログ
けたろうさんのことがそれとなくわかるところ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




オーズを観そびれて、特撮ブログですらなくなる週末。

でも、ガンダム00の劇場版は観てきたよ。
思うところは多いんすよ。

・ファーストコンタクトのSFでした。
そう乱暴にまとめるのは簡単だけど、現代からの地続きの物語にあの結果を与えたことに結構な意味はある。
ましてやロボットものに。テーマ性の取り方で言えばターンエーの逆をいってる。

ただ、あそこへ人々を導くには道程があまりにもデコボコ。
足をくじいてしまう輩が出るのもしょうがいし、疲労で頭が回らなくなるのも致し方ない。
僕は「わかった」と思っている方だけど、わかんない人がいるのはわかる。

余談だけど、同じロボットアニメというくくりにとらわれて「トップをねらえ!」みたいとか、「マクロスF」みたいとか言っちゃう人たちはなんなんだろうな、と思う。
(「マクロスF」はランカがいた時点で状況が違う。基本的にバジュラは敵)
上辺の解釈にすらなってなくて絶叫テンションで説教もの。

「ガンダムじゃない」とかいう種類の非難をするやつは滅びろ。
そんなんだったらガンダムなんてさっさと滅びればいい。


・勝地くん(妹の元同級生)が声を演じたデカルト・シャーマンはけっこう良かった。
環境の差とかが同じイノベイターでも「刹那になれなかった刹那」を作ったわけで。


・戦闘描写はデカルトのガデラーザが全体的に良かった。
他は物量戦過ぎて感慨が湧きにくい。(あくまで戦闘描写だけで考えると。展開的な意味は別にして)
グラハムの急速停止が1位。


・クレジットの「E・A・レイ 古谷徹」で噴く。
こういう余計なことをちょこちょこやるのは黒田さんのいいとこでダメなとこ。


・ガンダムに攻撃性をもった金属生命体を投入するとああなる、っていうのが……「ガンダムの絶対性」を潰してくれてアリガトウ!


・新MSをアレだけ投入しておいて性能描写らしきものもほとんどないし(速すぎて認識が難しいので、ないも同然、と受け止められてもしかたなし)、広告としての機能が弱い。
もはやマイスターたちの話ではなくなっていて、機体1つ1つの物語は全体の質量からするとあまりに小さい。
まして観客はどうしたって「ソレスタルビーイング」を通してフィルムを追いかけてしまうので、その彼らの主観が弱い構成ではどう観ていいか迷うのも当然だろう。
肝心の刹那は「うまく言葉にできない」と語ることに消極的なのでつかみにくいしね。


・元々の終着点がこういうところにあったのだろうから、異論はない。
劇場版まで含めた00全体として、「『来たるべき対話』はいつか訪れるのかもしれない 完」みたいなヒドイことにならなくて良かった。
1stシーズンの〆も、2ndシーズンの〆も、劇場版の〆も、すべては「《対話》による《和》」の尊さを(その実現の困難さも込みで)叫んでいて、共通しておりブレていない。
「納得できていない」人たちはおそらく、些細な不満の積み重ねでその不満を大容量なものと捉えているだけなんじゃないか。

物語を見せるのは難しいね、ということです。
主題は良く、語り口が不味かった、それだけのことのはずなのです。
だから、その語り口の不味さを批判してあげてほしいのです。


とりあえず、ひと段落したらプラモ買いにいこうっと。
PR



○仮面ライダーOOO
・どこを楽しめばいいのか把握しにくい内容だなー、というのが1話の総合的な印象。
冒頭が盗みをやろうとする警備員のコミカルな映し方から入るのは作風なのか判別できないし、
(今後わかっていくことであるにしても)
人間からグリードが生まれるところの描写もわかりにくいし、
(いきなり宝石店で、おばちゃんへの前フリもちょっと足りない)
「歌は気にするな」は冷めるし。
要するに、
映像演出⇒比較的コミカル
物語のアイデア⇒わりとシリアス
となっていて、視聴する際の気持ちの置き方に困るというか。
なんかこう、セリフとか単語だけで意味を伝えようとしている造りになっているっていうか。
「GREED=欲」がわかる人が見ないと意味が通じないんじゃないの、これ。

・主人公のキャラクター像はけっこうわかりやすい。
銃を構えるのがわりとサマになってる風の描写だったのは、過去か何かに関係あんのかな?

・右腕はけっこう好き。奇形は日常からの脱却を潜在的に望む人にとって象徴的特徴。
グリードもけっこう好き。でも、アイデア面での面白さが光る寺田克也さん担当のWには趣味の問題で劣るかな。

・変身はちょっと手間が多く感じたけど、Wも「テンポ大丈夫か」と疑ってかかってた気がするので、こなれてくれば大丈夫かしら。
トラとカマキリに差を見出すことができず、フォームチェンジ不安が強くなる。

・オーズドライバーは売り切れがちだそうで。とりあえず売れてそうでよかった。
でも、ちょっと商売の形態がえげつない感じは否めない。

・「第1話開始時点の時系列で既に仮面ライダーかどうか」
これで作品の傾向がある程度はわかるのかも。
既にライダー:アギト、剣、響鬼、キバ、W
ライダーになっちゃった:クウガ、龍騎、555、カブト、電王、ディケイド、OOO
要するに、「既にライダー」のパターンは、過去なり出生なりに何かあって、既に使命感とかを獲得している。
逆に「1話で初めて変身」だと巻き込まれ型で、これから闘う理由とかが補強されていく。もちろん、何らかのバックボーンを持っていることもある。
(カブトは例外的で、とっくに心はライダーなので、この話題の上ではどちらかというと「既にライダー」のパターン)

1話の作り方の問題(=タイミングのズレ)だけであって、別にどっちが良いという話ではないけど、
誕生の瞬間に立ち会わせる作りなら、その誕生を感動的にしてほしいな、と思ってしまうので、
(作品の解釈として狭いのは承知しつつも)電王みたいなのは興ざめしちゃうところがあって、
OOOもそれでいうと「アー」と思えてしまったのでした。

やや批判的な向きのあるものになってしまったけど、疑念を払拭するきっかけさえあれば、楽しみな作品になっていきそう。



○仮面ライダーW 最終話
・引きずる翔太郎。欲を言えば、「フィリップがいなくなって1年を経て、割り切れないながらも前向きな(ないしそうなりつつある)翔太郎」という姿を見せてほしかった。引きずっている印象の方が強すぎた、というか。バランスの好みの問題?
・フィリップの帰還は、家族の愛情と償いによって成った。奇跡ではない。駆け寄るフィリップを琉兵衛が静止したところは、大黒柱であり、唯一の男家族として、最高の役割だった。
・照井、空気読み過ぎ。
・最終回が消化不良な作品が多かっただけに、なまっちょろいながらも(褒め言葉)まとめてくれて良かった。
以下は平成ライダーで観た限りの最終回雑感。参考程度に。(クウガ~555はあんまりちゃんと観てないんです)
剣⇒剣崎フィーバー。男の姿としては、平成ライダーで一番好きだったかも。
響鬼⇒背中で語れないヒビキさんなんて……
カブト⇒馴れ合うはパリ行くわ、初期の期待が大きかっただけに反動で最低クラス。ハイパーカブトちょっと前くらいからアレだったけど。ガタック登場がピーク。
電王⇒悪くはなかったけど、その後色々続き過ぎて余韻も何もねえ。
キバ⇒グズグズ。
ディケイド⇒なめてんのか。
・ところで、僕のジョーカーメモリが壊れた。なんだ。戦いは終わったってことなのか。串田アキラボイスに備えろってことなのか?
・ともかく、よく楽しんだ。これで終わりだ。


○仮面ライダーOOO
まだ始まってないけど、後で初期にどう思っていたのかを思い出すためにも、現時点での期待感を書いておく。
すっとぼけた風の主人公と、わりと重そうな主題。
題材の取り方は好きな部類。シンケンジャーに続いて小林靖子脚本に期待。
ただ、やたら組み合わせを多く作れるフォームチェンジを作中の展開で果たして活かしきれるものなのかが疑わしい。
フォームチェンジって、どんなに素早くやっても展開が必ず途切れるし(変身部分を音声だけで済ませるのが時間的には最短だと思うが、その場合はカットが必ず変わってしまう。カットを変えない場合は変身シーンを描写するしかないので、むしろ尺は食う。クウガくらいシンプルだと入れようもあるけど……)、撮影事情も大きい部分だと思うので、脚本段階でうまく盛り込むのは難しそうだし。(それを実践する場合は、脚本家に映像構成能力がかなり必要)
というわけで、3項目に分けて期待感をまとめるとこんな感じ。

ドラマ:題材は好きそうなので、うまく書いてほしい。
特 撮:期待と不安、半々。フォームチェンジは特に疑心暗鬼。巨大な怪物戦が多くなるなら、それはあまり歓迎できない。
玩 具:触ってみないとなんとも。Wの延長線上にあるのは間違いないけど。

タカァッ! トラァッ! バッタァッ!


話は変わるけど、黒いバッタってのがいるそうです。
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20100828000070
ゴルゴムの仕業か。



仮面ライダー3連発!

○仮面ライダーW FOREVER AtoZ運命のガイアメモリ
・よろしかった。「カーメンライダー」と、TVのOPのWとは真逆のエターナル(昼でマフラーのなびく方向も反対)でつかみは十分。サイクロンが実は依頼人で切り札はお前だ。
・特撮シーンはできる限りの要素、やりとりを詰め込み、集大成的。
・家族をテーマにしたドラマは、TV放映との相互作用を狙ってのものか。
・ライダーキックを結局特別視してしまう視聴感覚はそろそろいかん。

ところで、3D映画を観たのはこれが初めてだったんだけど、良さも悪さもあるね。
ただ、撮り方・作り方を相当に意識して取り組まないと活かせないどころか不自由さや不快感をあおりかねないことはよくわかったので、これは十分な研究が必要だ。
とりあえず、画角の広い画と、明確にレイヤーの違う構成なら大丈夫かな。
内緒だけど、一番「おおっ」と思ったのはスタッフロール。次に戦隊の名乗り。


○仮面ライダーW 第47話
・全員で乗り込んでいく鳴海探偵事務所員たちと単独行動の目立つ刑事。
・照井の竜くんがひどいやられっぷり。ところで、映画でもそうだったけど、彼と所長の関係はアレで確定なんすね。
46話で二人が話しているシーンは「あ、こいつら合体したな」みたいな風にも見えるとこあったし。
・「ユートピア」が町を守りたい人間たちの最後の敵、っていうのが皮肉で皮肉で。ドラマティックアイロニー。

○仮面ライダーW 第48話
・実質的最終回。
・のっぺらの表現は思わず笑ってしまうところギリギリ。
・「どうしても変身できない⇒覚悟の最後の変身⇒ためらわれる変身解除」っていうのは、
三条さん的なカウンターテーマにも思えた。
・加頭がNEVERだったというのがなんとも哀しいけど、最後の敵としてはちょっと物足りなかったやも。
・照井、包帯ぐるぐるの車椅子……翔太郎以外は何も語らない、「ハードボイルド」なWらしい〆。
・次回、本当の最終回。フィリップのいない最終回。
「1人の男が、悲哀を背負ってヒーローになった」……
って物語だけにはなってほしくない矛盾した気持ち!


「町を護るはライダーの使命!」の方が肌感覚に近くていい。
幼少期は戦隊とライダーとに差はなかったはずなんだけど、どうしてこんなにも僕の中で優劣ができてしまったのか。
これを考えることは、自身の望むテーマ性に差し迫る作業に相違ない。



○天装戦隊ゴセイジャー
・実家に帰っていて目が覚めたので数週間ぶりに観たでござる。
・「スーパー~」がかっこ悪くて……スーパーシンケンも安っぽさにおいては上だったけど、作劇やデザイン的に納得できるからOKっていうか。
・余談だけど、両親もテレビを眺めていて「ゴセイ?」「テンソウ?」と疑問を浮かべていた。親が聞いて意味がすぐさま把握できない子供向けコンテンツが成功するわけないよなあ、と思った。

○仮面ライダーW
・テラードラゴンにバックファイアで攻撃するアクセルにしびれた。そして仮面忍法・火のアクセルになおしびれた。
・恐怖を乗り越えた左翔太郎。
「このバトルでこの左翔太郎に精神的動揺によるミスは決してない! と思っていただこうッ!」
反撃の半径20mダブル・エクストリーム。(ほぼ言いたかっただけ)
・そして、園咲琉兵衛、死す。
・次週はフィリップによる依頼。うーん、終わりだなあ。

○ハートキャッチプリキュア
・サンシャインさん…………



○仮面ライダーW
・ミックさんのやられ方、泣きエレメントなのか笑いエレメントなのか。
・映像だろうとなんだろうと、「実は恐怖していた」みたいな視覚化の難しい背景はもーーーんのすごい伝わらない。我が小説処女作がそれ過ぎてよく知っているが、しかして翔太郎はいかにして恐怖を乗り越えるのか。
・し、死んでただって? あれ、じゃあ若菜さんは……?
・しかし、佳境に入っちゃったなあ。来週は劇場版公開だしなあ。仕事アレだけど観に行くかぁ。

○ハートキャッチプリキュア
・サンシャインさん……


否定語つきを目標にするくらいなら、とっぱらって対義語でゴー。
「嫌われたくない」⇒「好かれたい」
「つまらないことはしたくない」⇒「面白いことをしたい」

余談。
「言い換えの効用」って書籍だかなんだかを小学生か中学生の時に教科書で読んだ気がするんだけど、誰か知らないかなあ。



○天装戦隊ゴセイジャー
・ゴセイジャーを観ていると寝てしまうので、視聴をやめようかな。その後のWを見逃す。
※我が家には録画機器なし。

○仮面ライダーW
・シュラウドさんすべて仕組んでたよ、な話。物語全体を取り巻く「謎」は、残すところ財団Xだけかしらね。
・シュラウドを許した竜の成長が良かった。フィリップの成長話でもおかしくなかったところを、竜に持っていくとは。
・しかし、亜樹子⇒竜の一方通行な好意って、本気度どんなもんなんだ。
・ファングジョーカーの半身老人演技とか、じいさんの変身とか、アクション的にも見所の多い回でした。

○ハートキャッチプリキュア
・ドスの効いた演技に定評のある(僕の中では)桑島法子演じるいつきことサンシャインさん、
ツインテールという使い古された記号が目覚める時。
・そう言いつつ、ああいう演じ方をする時の桑島法子さんがどうも苦手。声が耳につき過ぎるというか。
同じ理由で能登さんも苦手。劇の邪魔になっているような感じがしてしまうことすらある。
SEEDのフレイなんかはばっちりだと思うんすけどね。


ワンフェス。
行ってきたけど、気分的に仕事なつもりで行ったのもあって
(そして仕事としての意図を果たせなかったのもあって)
なんだか全然のれなかった。


話しついでに。
僕は戦隊ヒーローや仮面ライダー、メタルヒーローといった特撮をいくつも見て育った1人だが、
ガメラやゴジラ、ウルトラマンは、まったくといっていいほど触れてこなかった。
理由は僕の中で明白で、後者は僕にとってヒーロー像たりえないからである。
それらは怪獣であり、ウルトラマンもまた怪獣とほぼ同義であり、人間ではない。
等身大ではない存在を自己の実現目標として据えるのは難しいので、「憧れる」ことはできないのだ。
物理的にずいぶんと見上げなければいけない相手には、屈服すらできそうにない。

一方、前者は人間が人間として闘っている。
もちろん、超人的能力を備えているのだが、目線が近い。だから、僕は真似をしたくなる。
特撮ヒーローたちは僕より年下ばかりになってしまったし、
年代的なものもあって南光太郎以上のヒーローが現れることはもう確実にないけれど、
特撮をここ数年でよく見るようになったのは、そういう気分の自覚が大きい。

自己実現のより代として、僕は彼らを捉えていたんだ。
「ヒーローになりたい」っていうのが、僕の原理なのかもなあ、と近頃よく思う。
そのためには、ねえ。



ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/22 ヒロミ]
[09/01 もち]
[06/14 ばしこう]
[06/08 ばしこう]
[06/07 よしばやし]
最新トラックバック
(03/24)
アクセス解析
忍者ブログ [PR]