忍者ブログ
けたろうさんのことがそれとなくわかるところ
[31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




仕事がひと段落して、オフィスにおけるけたろうさんは異常なまでに弛緩している。
いや、こそこそあれこれ下準備なんかをしているから、誰かが背後を通る時なんかにびくっとする羽目になるので、瞬間最大緊張度は高いのだけど。

今日はちょっとゲームレビュー。
先日の土曜にメビウス・ゲームズさんに行ってきた。
Amazonなんかでテーブルゲームの類を出品していたりする、その手の店では有名なところだ。
で、二点購入。
あやつり人形 バトルライン(2007日本語版)

左が「あやつり人形」、右が「バトルライン」という。

ルール説明なんぞをここでしても面倒なだけなので、概説と感想のみにしておく。

「あやつり人形」は、「毎ターン自分の職業が替わり」ながら、いかに高得点の建築物をこしらえるか、というゲーム。
職業には特定の職業を1ターンの間封殺できる暗殺者や他人からお金をかすめとる泥棒、お金を集めるのが得意な商人などがあり、回ってきた職業によって狙う立ち回りが変わってくる。
お金をなるべくたくさん集めて、価値のある(作るのにお金のかかる)建物を作っていき、誰かが8個作ったターンでフィニッシュ。
得点計算をしてトップが勝ち、という内容。
ランダム要素が非常に強く、戦略を立てるのは難しい。(というかわりと運任せ)
4人以上くらいでわいわい言いながらやるのが良さそう。
プレイヤーの強さは出にくい。

「バトルライン」は、二人用の硬派なゲーム。
一列に並んだ9つのフラッグ(旗)のうち、合計5つか、並んだ3つを回収したプレイヤーの勝ち。
数字と色を持った兵隊カードを山札から引き、それらを部隊編成していく。ポーカーの役の要領でストレートやフラッシュなどの組み合わせを作ると強力、という按配。
これだけでもかなり遊べるが、さらに戦術カードなる場を乱すカードもあって、それも含めるとなかなか考えることが多い。ゲーム中盤が一番大変。
けっこう好き。

○GD作業状況
登場人物増産体制。がっぽんがっぽん。
PR



Comment 
Name 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


ウロウロしていたらたどり着いた。ヒマに任せて読んでみた。色んな意味で頑張れ!健闘を祈る!
怪詩人 2009/01/26(Mon)【23:04】 編集
なにやらがんばります。
けたろう 2009/01/27(Tue)【23:37】 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[10/22 ヒロミ]
[09/01 もち]
[06/14 ばしこう]
[06/08 ばしこう]
[06/07 よしばやし]
最新トラックバック
(03/24)
アクセス解析
忍者ブログ [PR]