忍者ブログ
けたろうさんのことがそれとなくわかるところ
[267]  [266]  [265]  [264]  [263]  [262]  [261]  [260]  [259]  [258]  [257
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




箇条殴り書き。

■SCHOOLGIRL COMPLEXを買ってみた。
スクールガール・コンプレックス SCHOOLGIRL COMPLEX
期待していた内容はもっとずっとはるかにフェティッシュなものだったので、そういう意味では期待外れ感はありつつも。
これを目の前に女子高生が座っている状況で眺める倒錯感たるや。
恥も外聞も気になる性分だが、そんなもん補ってあまりある。


■母校来訪。
先週の平日、呼ばれて飛び出て母校である専門学校に行ってきた。
夏の体験入学に向けて、卒業生の関わった開発タイトルをロビーに陳列していきたいんだと。
多少の助けになるなら付き合ってやんべということで、就職情報センター(ある種のたまり場)にいるN澤さんにパッケージを手渡すのが目的。
我ながらお人好しよね等とつぶやきながら入った学校は講義中らしく静か。
卒業したのはもう5年半前のことだが、実際よりもずいぶんと時間が経ったように感じ、思いのほか自分の中で学校へのイメージが色褪せていた。
場所の変わった就職情報センターで待っていたのは世話になったN澤さんと、特に世話らしい世話をそんなにされた気はしないものの恩義めいたものを感じなくもないT本さん。
昨今の学生の質の話(というか愚痴)を聞かされつつ、こちらの近況報告なぞをした。

少々驚いたのが、ある事が伝統化している、という話。
その発端は僕と数人。
僕らが2年生に上がった頃、その数人で「新1年生をからかってやろうぜ」てな気分で、1年生のHR中、勝手に教室へ入っていって(先生には事前に言ってあった……はず?)「新歓やっちゃうからYOU来ちゃいなよ!」みたいな勧誘をしに行ったことがあったんだけど(結果、新1年生の半分以上くらいは来たんだったかな)、なんとそれ以降、「ゲーム科の2年生は新1年生の授業中に勝手に入ってきて新歓の誘いをする」というのが伝統化した、というのである。
ただの悪ノリがそういう流れの源になるとは、意外や意外。
でも、学年の規模が大学やなんかに比べてはるかにちっちゃいけど、サークルとかの基礎みたいなものはそうやってできていくんすかね。

話は変わるが、今の僕なら学生共に教えてやることもできんでもない気がしてきた。
やんないけど。


■仕事のこと
仕事が佳境入り口の気配。とはいえ問題は山積。
個人技でどうにかできる部分はもうあんまりないから、上手な負荷分配でなんとかクオリティを上げていきたい。
PR



Comment 
Name 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[10/22 ヒロミ]
[09/01 もち]
[06/14 ばしこう]
[06/08 ばしこう]
[06/07 よしばやし]
最新トラックバック
(03/24)
アクセス解析
忍者ブログ [PR]